【音声編集】iMovieで音量を調整したり、音質を変えたりする方法

音楽は動画の臨場感を高めてくれますが、あまり目立ちすぎると動画の邪魔になってしまいますので、音量や音質を適切なバランスに調整することが大切です。

この記事では、iMovieでの音声編集(音量や音質の調整)について解説します。

目次

iMovieに任せて音量を自動で調整する方法

タイムラインに設置されているオーディオクリップをクリックして選択状態にしたら、ビューアー上部のボリュームアイコンをクリックしましょう。

ボリュームの調整項目が表示され、その中に『自動』と書かれたボタンがあります。

ここをクリックすることで、iMovieが自動で最適なレベルに音量を調整してくれます。

iMovieで音量を自動調節する

動画の音声を優先したい場合に音量を自動で調整する方法

「動画の後ろで音楽を流しながら、動画の音声を優先したい」

そんな場合には、音声を優先させたい動画をクリックして選択状態にした後、ボリュームの調整項目にある『ほかのクリップの音量を下げる』をクリックしてチェックを入れましょう。

iMovieでほかのクリップの音量を下げる

すると、動画の長さ分だけ、自動で音楽のボリュームを下げてくれます。

『ほかのクリップの音量を下げる』の右にあるスライダーをドラッグすれば、詳細なボリューム調整も可能です。

『ほかのクリップの音量を下げる』の適用量を調整する

音量を手動で調整する方法

iMovieでは、手動で音量を調整することもできます。

オーディオクリップの波形にある『音量コントロール』にマウスカーソルをあわせると、カーソルが上下の矢印に変わります。

オーディオクリップに波形が表示されていない場合は、タイムライン右上の『設定』をクリックし、『波形を表示』にチェックを入れましょう。

iMovieでオーディオの波形を表示させる

この状態でクリックし、マウスを上下にドラッグすると、音量を手動で調節できます。

iMovieで手動で音量を調整する

音量を部分的に手動で調整する方法

オーディオクリップが選択された状態で、キーボードの『X(エックス)』を押すと、『範囲セレクタ』が表示されます。

このセレクタをドラッグ操作で動かし、音量を調整したい範囲を選択しましょう。

iMovieで部分的に手動で音量を調整するための範囲セレクタを表示

あとは先ほどのように、音量コントロールを上下にドラッグするだけ。

これで、部分的に音量を調整することができます。

iMovieで部分的に手動で音量を調整する

iMovieで音質を変える方法

iMovieには『イコライザ』という機能が搭載されており、これによって音質を変えることが可能です。

イコライザとは、特定の音域を強調したり軽減させたりする機能です。

まずは、ビューアー上部の『ノイズリダクションおよびイコライザ』アイコンをクリックしましょう。

iMovieで『ノイズリダクションおよびイコライザ』を表示させる

ノイズを軽減させる

『背景ノイズを軽減』にチェックを入れると、音声の中でノイズだと思われる部分を自動で軽減してくれます。

どれくらいノイズを軽減させるかは、横にあるスライダーで調整可能です。

iMovieで背景ノイズを軽減させる

特定の音域に変化を加える

『イコライザ』の右にあるボタンをクリックすると、イコライザのメニューが表示されます。

iMovieでイコライザを適用する

目的に沿ったものをクリックして適用させましょう。

それぞれの効果については、以下の表に示すとおりです。

フラットイコライザを使用しません。
ボイスエンハンス話し声などを強調します。
ミュージック強調オーディオ全体の音量を増やします。
ラウドネス高音と低音を強調します。
ハムリダクションジーッというノイズを軽減します。
低域増強低音を強調します。
低域軽減低音を軽減します。
高域増強高音を強調します。
高域軽減高音を軽減します。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

iMovieを使った動画編集を得意としている。
基本的な使い方からマニアックな活用方法まで、iMovieに関する情報を発信中。
主な使用機材は、iMac2019とiPhoneSE2。

目次
閉じる