iPhone版のiMovieでノイズ除去はできる?やり方を紹介

手軽に動画編集が行えるiPhoneアプリ『iMovie』。

動画に好きな音楽や効果音を入れることも可能ですが、実はiPhoneのiMovieには、動画のノイズ除去機能が備わっていません。

とはいえ、他の方法で動画のノイズを除去することは可能ですので、そのやり方を紹介します。

目次

iPhoneで撮影した動画のノイズを除去するやり方1. Mac版のiMovieを使う

MacBookやiMacといったApple社製のパソコンを持っている場合、Mac版のiMovieを使う事で、簡単に動画のノイズを除去できます。

iPhone、iPad、Macの全てで使えるiMovieですが、実は機能の充実度がそれぞれ微妙に異なっており、Mac版のiMovieにはノイズ除去機能が備わっているからです。

Mac版のiMovieでは、非常にシンプルな操作でノイズ除去ができるため、Macをお持ちであれば試してみてください。

iMovieのノイズ除去機能
Mac版iMovieのノイズ除去機能

iPhoneで撮影した動画のノイズを除去するやり方2. ノイズ除去アプリを使う

iPhoneにダウンロードできるアプリの中には、動画のノイズ除去に特化したアプリもあります。

ただし評価の高いアプリは少なく、筆者がオススメしたいのは『さようならノイズ – ビデオノイズ除去』というアプリです。

タップでApp Storeが開きます。

いかにも外国語の直訳…といった名称ですが、80件以上の評価で星4.5を獲得している優良アプリとなっています。

記事執筆時点で610円の優良プランもありますが、30秒までの動画なら無料で動画のノイズを除去できます。

『さようならノイズ – ビデオノイズ除去』を使ったノイズ除去のやり方

まずは、こちらからアプリをインストールします。

アプリを開くと、シンプルな画面が開くので『Open file』をタップしましょう。

動画の選択画面が開くので、ノイズを除去したい動画をタップします。

Denoise Level(ノイズ除去のレベル)を左右にドラッグすることで、どれくらいノイズを除去するかの調整ができます。

また、ノイズ除去で全体的な音量が下がってしまった場合、『Boost Volume(ボリューム追加)』をオンにすることで、音量の回復が可能です。

再生ボタンをタップすれば、どれくらい動画のノイズが除去されるかが確認できます。

ノイズ除去や音量の調整が済んだら、『Apply』をタップしましょう。

英語のポップアップが出現します。

書いてある内容は以下の通りです。

無料版
このアプリの無料版では、30秒までの動画のみをクリーニングします。
もし気に入ったらプロバージョンを購入すると無制限のノイズ除去が可能です。

記載の通り、30秒までは無料でノイズを除去できますので、気にせず『Skip』をタップしましょう。

自動的に動画からノイズが除去されますので、『Share / Save』をタップ。

『Save to Files』をタップすれば、動画の保存ができます。

iPhoneで動画のノイズを除去するやり方まとめ

iPhone版のiMovieには動画のノイズを除去する機能はありませんが、Mac版のiMovieにはノイズ除去機能が備わっています。

Macをお持ちの場合は、Mac版のiMovieに動画を共有して、ノイズの除去を行うのがオススメです。

Macをお持ちでない場合は、『さようならノイズ – ビデオノイズ除去』を使うことで、簡単に動画からノイズを除去できるでしょう。

また、そもそも撮影の時点で極力ノイズを減らすことが、もっとも効果的な対処法です。

次回以降、動画を撮影する際は、スマホ用のマイクセットや、各種イヤホンを使うことも検討してみてください。

撮影時のノイズ軽減にオススメ!
楽天ビック(ビックカメラ×楽天)
¥6,824 (2022/09/23 19:40時点 | 楽天市場調べ)
楽天ビック(ビックカメラ×楽天)
¥2,963 (2022/09/23 19:40時点 | 楽天市場調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

iMovieを使った動画編集を得意としている。
基本的な使い方からマニアックな活用方法まで、iMovieに関する情報を発信中。
主な使用機材は、iMac2019とiPhoneSE2。

目次
閉じる