iMovieで効果音を追加する方法と、YouTuber風の効果音一覧

iMovieでは、動画に「ピンポン」「チーン」「ピー」「ドドン」といった効果音を簡単に追加できます。

元からiMovieに備わっている効果音も使えますし、商用利用OKな効果音を提供しているWebサイトからダウンロードした効果音も、自由に動画へ追加可能です。

この記事では、iMovieで効果音を追加する方法から、iMovieに搭載されている効果音の紹介、YouTuber風の効果音一覧まで紹介します。

目次

iMovieで効果音を追加する方法

まずは、iMovieの画面上部にある『オーディオ』をクリックしましょう。

  • ミュージック
  • サウンドエフェクト
  • GarageBand

というリストが表示されますので、『サウンドエフェクト』をクリックします。

元からiMovieに備わっている効果音や音楽が、一覧で表示されます。

iMovieで効果音を探す

『エフェクト』をクリックすると、iMovieにどのような効果音があるかを大まかに確認できます。

iMovieで使いたい効果音を絞り込む

効果音の名前にマウスカーソルを持っていくと再生マーク(▶︎)が表示され、これをクリックすると効果音をプレビューで聴くことができます。

使いたい効果音が見つかったら、タイムラインにドラッグ&ドロップ。

iMovieで効果音を追加する方法

これで、動画に効果音を追加することができました。

iMovieに搭載されている便利な効果音一覧

iMovieには数多くの効果音が搭載されていますが、使い勝手の良さそうなものもあれば、イマイチ使いどころが掴みにくいものもあります。

そこで、汎用性の高そうな効果音をピックアップし、一覧にしてみました。

Bell Transition場面切り替えに使えそうな「キラリン」という電子音
Bottle Corkポイント紹介に使えそうな「ポンッ」というコルク栓を抜いたような音
Clock Tick時間経過の表現に使えそうな「チクタク」という時計の音
Crowd Booマイナス面の表現に使えそうな「ブー」というブーイングの声
Heartbeat緊張感を演出できそうな「ドクンドクン」という心臓の音
Sci-Fi Sweepホラー風の効果音
Typewriter Electricタイプライターで次々に文字が打ち込まれる「ガチャガチャ」という音
Camera Shutter「カシャ」っというカメラのシャッター音
Short Accent衝撃や驚きの表現に使えそうな「デデンデン」という効果音
Suspense Accents 06衝撃的な事が起こりそうな雰囲気の「デンデンデンデン」という効果音

なお、これらの効果音は、検索窓を使うと効率的に見つけられます。

iMovieで効率的に効果音を見つけるための検索窓

気になった効果音があれば、iMovieで検索して聞いてみてください。

iMovieで使えるYouTuber風の効果音一覧

YouTubeでよく聞くような効果音は、商用利用が可能で、しかも無料で使える効果音提供サイトからダウンロードできます。

有名YouTuberが使っている以下の効果音は、『効果音ラボ』というサイトで提供されています。

和太鼓でドドンチーン1自主規制ピー音
拍手キラキラ輝く1ビシッとツッコミ2
男衆「オウ!」伸びる突撃ラッパ
心臓の鼓動1どんどんパフパフ拍子木1
時代劇演出1間抜け3ラッパのファンファーレ
クイズ正解2クイズ不正解2ボヨン

効果音ラボ様での効果音ダウンロード方法

効果音ラボで効果音をダウンロードする方法

これから紹介する効果音を、当サイトで聞けるようにしたり、再配布したりすることは、効果音ラボ様の利用規約に抵触してしまいます。
気になる効果音使いたい効果音は必ず『効果音ラボ』様からご自身でダウンロードしていただきますよう、よろしくお願いいたします。

>『効果音ラボ』はこちら

ダウンロードした効果音をiMovieに追加する方法

使いたい効果音をダウンロードしたら、iMovieの一番上にある『↓』ボタンをクリックしましょう。

デスクトップなど効果音をダウンロードした場所を開き、iMovieに追加したい効果音を選択したら、効果音の追加先となるライブラリを選択します。

最後に『選択した項目を読み込む』をクリックすれば、ダウンロードした効果音をiMovieに取り込む作業は完了です。

効果音をタイムラインにドラッグ&ドロップすれば、ダウンロードした効果音を動画に追加できます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

iMovieを使った動画編集を得意としている。
基本的な使い方からマニアックな活用方法まで、iMovieに関する情報を発信中。
主な使用機材は、iMac2019とiPhoneSE2。

目次
閉じる