iMovieで動画を正方形(1:1)にしたいときの対処法

Twitter、Facebook、InstagramといったSNSへの投稿に便利な、正方形(アスペクト比1:1)の動画。

この記事では、iMovieで動画を正方形にしたいときの対処法を紹介します。

目次

iMovieで編集できるのは正方形っぽい動画

最初に結論をお伝えすると、iMovieで動画を正方形にすることは不可能です。

iMovieでは扱えるアスペクト比が限られており、1:1の比率は含まれていません。

そのため、動画の端に黒い帯をつける「レターボックス」という技術を使って、正方形っぽくする編集することが限界です。

iMovieで正方形の動画を作るためのレターボックス

また、正方形で動画を書き出すことも不可能です。

『VITA』というスマホアプリを使うと、カンタンに正方形の動画編集ができます。詳しくは記事下部をご確認ください。

横長の動画を正方形っぽく編集する方法

動画の上にレターボックスの画像を乗せる形で編集していきます。

手順は以下の通りです。

  1. 正方形にしたい動画をタイムラインへ配置する
  2. 横長動画用のレターボックス画像をダウンロードする
  3. ダウンロードした画像を動画の上に配置する(Mac版の場合はカットアウェイ、iPhone・iPad版の場合はグリーン/ブルースクリーン)
  4. レターボックスの画像の継続時間を、動画の長さに合わせる

Mac版iMovieの場合

iPhone・iPad版iMovieの場合

縦長の動画を正方形っぽく編集する方法

縦長の動画を扱う場合は、Mac版のiMovieに限られます。

また、「新規アプリケーションプレビュー」から動画の編集をスタートします。

  1. 「ファイル」から「新規アプリケーションプレビュー」を選択する
  2. 正方形にしたい動画をタイムラインへ配置する
  3. 縦長動画用のレターボックス画像をダウンロードする
  4. ダウンロードした画像を動画の上に配置する
  5. レターボックスの画像の継続時間を、動画の長さに合わせる

Mac版iMovieの場合

なお、iPhoneやiPad版のiMovieでは、アスペクト比の変更ができません。

そのため、縦長の動画を編集しようとすると、自動でレターボックスが追加されます。

無料のスマホ用動画編集アプリ『VITA』なら、正方形の動画編集がカンタン

ここまでご紹介してきた通り、iMovieでは正方形っぽい動画しか作れません。

一方で、『VITA』というスマホアプリを使えば、驚くほどカンタンに正方形の動画編集ができます。

たった50秒で正方形の動画が完成!

  1. 「動画作る」をタップする
  2. 「新しい動画」をタップする
  3. 編集したい動画を選んで「→」ボタンをタップする
  4. 「比率」をタップする
  5. 「1:1」を選んでチェックマークをタップする
  6. 動画をタップするとピンチで拡大縮小が可能になる
  7. 「書き出し」をタップすると正方形の動画が完成!

正方形の動画を作るなら、ぜひ『VITA』を使ってみてください!

VITA - 超簡単!動画編集

VITA – 超簡単!動画編集

SNOW INC.無料

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

iMovieを使った動画編集を得意としている。
基本的な使い方からマニアックな活用方法まで、iMovieに関する情報を発信中。
主な使用機材は、iMac2019とiPhoneSE2。

目次
閉じる