【Mac】iMovieでクリップを移動・分割させる方法と戻し方【図解】

iMovieでは、タイムラインにクリップを追加した後、クリップを移動したり、分割したりできます。

さらに、いちど分割したクリップをもとに戻すことも可能です。

この記事では、iMovieでのクリップの移動と分割を画像付きで紹介します。

目次

iMovieでクリップを移動する方法

iMovieでクリップを移動させるには、タイムラインに配置されたクリップをドラッグ&ドロップすればOKです。

STEP
移動したいクリップをクリックする
iMovieでクリップの移動(クリック)
STEP
移動したい場所までクリップをドラッグする
iMovieでクリップの移動(ドラッグ)
STEP
ドラッグを終了してクリップの移動が完了!
iMovieでクリップの移動(ドロップ)

iMovieでクリップを分割する方法

iMovieでクリップを分割する方法は、以下の3ステップです。

  1. クリップの分割したい位置をクリックする
  2. カーソルをクリップ上に当てた状態で副ボタンをクリックする
  3. 表示されるメニューからクリップを分割をクリックする

クリップの分割は、command + Bのショートカットでも実行できます。

クリップが分割できない原因と解決策

クリップが分割できない場合、そのほとんどがマウスカーソルの位置だと思います。

具体的には、分割したい場所をクリックしてから、マウスカーソルを動かしてタイムラインの先頭に行ってしまったパターンです。

iMovieでクリップが分割できない原因

解決策としては、白い線(再生ヘッド)がクリックした場所に残っているので、再生ヘッドの位置に再びマウスカーソルを合わせて、分割を試してみてください。

また、クリップの最小継続時間は0.1秒なので、それ以上に分割することはできません。

iMovieで分割したクリップを戻す方法

分割する位置を間違えてしまった場合などは、iMovieのメニューから『編集』>『取り消す – 分割』を選択すれば、分割したクリップを元に戻すことができます。

クリップの分割を戻す場合は、command + Zのショートカットでも実行できます。

クリップを結合して分割したクリップを元に戻す

クリップを結合する場合は、分割されたクリップ両方を選択した状態で、『変更』>『クリップを結合』をクリックしましょう。

iMovieでクリップを結合する

クリップを結合する場合は、結合したいクリップを選択した状態で、command + shift + Bのショートカットでも実行できます。

iMovieでクリップを移動・分割させる方法と戻し方まとめ

iMovieでは、ドラッグ&ドロップで簡単にクリップを移動できます。

また、クリップの分割と結合も、基本的にはクリック操作だけで実行可能です。

ショートカットを覚えれば、さらにサクサクと編集できるようになるので、余裕があればショートカットも習得していきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

iMovieを使った動画編集を得意としている。
基本的な使い方からマニアックな活用方法まで、iMovieに関する情報を発信中。
主な使用機材は、iMac2019とiPhoneSE2。

目次
閉じる