iMovieの『クリップ』とは?再生・整理・マークなどの基本操作

iMovieでの動画編集で、恐らくもっとも頻繁に使う『クリップ』。

この記事では、そんな『クリップ』について、再生、整理、マークといった基本的な操作方法を紹介します。

目次

そもそもクリップとは?

クリップとは、iMovieに読み込まれた動画や写真(画像)、音声などの各種素材のことを指します。

また、素材はiMovieに読み込まれているので、クリップに編集を行っても、元のデータに変更が加えられることはありません。

iMovieにクリップとして読み込まれた素材データは、iMovieのブラウザに表示されます。

iMovieの画面構成

ブラウザに表示されたクリップをタイムラインに配置することで、クリップの順番や長さを調節できるようになり、動画として編集できるようになります。

なお、各クリップは、データの種類によって以下のように呼ばれます。

  • 動画素材:ビデオクリップ
  • 画像素材:画像クリップ
  • 音声素材:オーディオクリップ

クリップの再生と簡易再生(スキミング)

iMovieでは、ビデオクリップを普通に再生する他に、マウスポインタを移動するだけで内容を確認できる簡易再生(スキミング)に対応しています。

普通に再生する場合は、ブラウザのビデオクリップをクリックして選択し、ビューアーの再生ボタンをクリックすればOKです。

iMovie クリップの再生

さらに簡易再生(スキミング)の場合は、ブラウザのビデオクリップをクリックして選択し、そのままクリップ上でマウスポインタを動かすだけで、ビューアーに表示されている動画が動き出します。

iMovie クリップのスキミング

クリップのフルスクリーン再生

ビューアーの右下にあるボタンをクリックすると、選択したクリップを画面いっぱいに広げて再生できます。

iMovie クリップのフルスクリーン再生

なお、フルスクリーン再生を解除するには、キーボードの『esc』をクリックします。

クリップの頭出しと先送り

ビューアーの下にあるボタンをクリックすると、それぞれ頭出し(クリップの先頭へ移動)と先送り(ブラウザの次のクリップへ移動)になります。

また、長押しすると、それぞれ巻き戻し、早送りになります。

iMovie クリップの頭出しと先送り

イベントによるクリップの整理

iMovieに取り込んだクリップは、すべて『イベント』にまとめられます。

『イベント』という言葉だと何のことかイメージしにくいかもしれませんが、クリップを整理するためのフォルダだとに捉えれば、イメージしやすいかもしれません。

新しくイベントを作成する場合は、『ライブラリ』リストにある『iMovieライブラリ』をクリックし、さらに副ボタンをクリックしてメニューを表示させましょう。

メニューの中に『新規イベント』という項目があるので、ここをクリックします。

iMovie 新規イベントの作成

新しくイベントが作成され、イベントの名前が編集できるようになるので、「このイベントにはどんなクリップをまとめるか?」を考えて、イベントの名前を決定します。

iMovie イベント名の決定

イベント間でのクリップの移動

それぞれのイベントに入っているクリップは、イベント間で移動させることが可能です。

移動させたいクリップを選択し、移動先のクリップへドラッグ&ドロップすることで、クリップの移動が完了します。

iMovie クリップ 移動

イベントの結合と削除

複数のイベントは1つのイベントにまとめる(結合する)ことができます。

結合したいイベントを『command』を押しながら選択し、副ボタンをクリックしてメニューを表示させ、『イベントメディアを結合…』をクリックしましょう。

iMovie イベントの結合

イベントを削除したい場合は、削除したいイベントを選択し、副ボタンをクリックしてメニューを表示させ、『イベントを削除』をクリックしましょう。

iMovie イベントの削除

『よく使う項目』としてクリップのマーク

iMovieでは、よく使うクリップにマークをつけられます。

マークをつけると、編集時にマークがついたクリップだけを抽出できるので、作業効率がアップします。

マークをつけたいクリップをクリックし、選択された状態にしましょう。

そして副ボタンをクリックしてメニューを表示させ、『よく使う項目』をクリックします。

iMovie よく使う項目 マーク

クリップのサムネイル上部に緑色の線が表示されれば、クリップのマークは完了です。

iMovie クリップ マーク

クリップのマークを外すには、『評価なし』をクリックすればOKです。

iMovie クリップ 評価なし

クリップの『よく使う項目』のみを表示するには?

ブラウザの上部にあるメニューをクリックし、『よく使う項目』をクリックすると、絞り込みできます。

iMovie よく使う項目 絞り込み

iMovieのクリップに関する基本操作まとめ

iMovieでは、クリップをうまく扱うことで、編集作業が楽になります。

基本となる再生、簡易再生をはじめ、慣れてきたらイベントやマークも使いこなして、ガシガシ動画編集していきましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

iMovieを使った動画編集を得意としている。
基本的な使い方からマニアックな活用方法まで、iMovieに関する情報を発信中。
主な使用機材は、iMac2019とiPhoneSE2。

目次
閉じる