iMovieでiPhoneからMacに動画編集を引き継ぐ方法|MacからiPhoneは不可

iPhone版のiMovieは、Mac版のiMovieに動画プロジェクトを引き継ぐことが可能です。

この記事では、iPhoneからMacへプロジェクトを共有する方法を紹介します。

なおiMovieでは、プロジェクトをiPhoneからMacに引き継ぐことは可能ですが、MacからiPhoneに引き継ぐことはできません。理由はこちら

目次

iMovieでiPhoneからMacにプロジェクトを引き継ぐ手順6ステップ

STEP
プロジェクトを開いて共有ボタンをタップ
STEP
『オプション』をタップ
STEP
『プロジェクト』にチェックを入れて『完了』をタップ
STEP
共有方法が『iMovie:プロジェクトバンドル』になっていることを確認し、AirDropをタップ
STEP
プロジェクトを共有したいMacをタップ

タップした直後に共有が開始されます。

AirDropのリストに共有したいMacが表示されない場合は?

以下のapple公式サポートページをご参考ください。

STEP
Mac側でiMovieのプロジェクトを開く

共有したiMovieのプロジェクトファイルをダブルクリックすると、iMovieが立ち上がり、iPhoneでの編集内容を引き継ぐことができます。

ダブルクリックで編集を引き継げる

すでにiMovieが立ち上がっている状態であれば、ファイル>iMovie iOSプロジェクトを読み込む…とクリックしていくことでも、iPhoneでの編集内容を引き継げます。

iPhoneのiMovieで編集した内容をMacに共有する手順は、以上です。

MacのiMovieからiPhoneのiMovieに動画プロジェクトが引き継げない理由

iMovieは、Mac、iPad、iPhoneといった様々な端末で使えますが、機能面には少々違いがあります。

イメージ的には、Mac版がフルバージョンのiMovieで、iPad版とiPhone版は機能が少しカットされたiMovieといった感じです。

一例を挙げると、文字サイズの変更や、画像へのピクチャインピクチャ機能は、Mac版のiMovieだけに搭載された機能となっています。

Mac版のiMovieにしかない機能を使って編集されていた場合、iPadやiPhoneのiMovieには編集できる機能が備わっていないため、MacからiPhone(またはiPad)には、動画プロジェクトを引き継げない仕組みになっています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

iMovieを使った動画編集を得意としている。
基本的な使い方からマニアックな活用方法まで、iMovieに関する情報を発信中。
主な使用機材は、iMac2019とiPhoneSE2。

目次
閉じる