【iMovie】iPhone、iPad、Macの違いまとめ【できないこと】

iMovieは、Macはもちろんのこと、iPhoneやiPadでも使える動画編集ソフトですが、できることには大きな違いがあります。

基本的には、Macで使えるiMovieがフルバージョン、iPadとiPhoneで使えるiMovieが機能削減バージョンだと捉えておいてください。

それでは、ここからそれぞれの違いについて紹介していきます。

目次

iPad版とiPhone版のiMovieではできないこと

iPad版とiPhone版のiMovieでは、文字入力から音楽に関連するものまで、さまざまな機能に違いが見られます。

文字(テロップ)入力

iMovieでは、文字を入力する際にアニメーションが自動でついており、Macではこれを解除できます。

しかし、iPadとiPhoneでは、文字のアニメーションを解除する事ができません。

一方で、Macでは文字の位置を細かく変更することはできませんが、iPadやiPhoneでは文字の位置を自由に位置を変更できます。

そのため、文字入力に関しては、MacよりもiPadやiPhoneのほうが便利な側面もあります。

Mac版とiPad/iPhone版の違いまとめ

  • iPad/iPhone版では文字のアニメーションを解除できない
  • タイトルの種類がMac版の48種類に対して、iPad/iPhone版では12種類と少ない
  • iPad/iPhone版では、文字の位置を自由に変更できる

画像や動画編集

iPadとiPhoneでは、主に画像の切り取りや回転などができません。

他にも、明るさの調整ができなかったり、フィルタの数が少なかったりと、Mac版よりもかなり機能が制限されている印象を受けます。

Mac版とiPad/iPhone版の違いまとめ

  • 画像のカットができない
  • 画像の回転ができない
  • 画像と動画の左右反転ができない
  • 動画の明るさを調整できない
  • 動画の逆再生ができない
  • Mac版は1/10〜20倍速に対応しているが、iPad/iPhone版では1/8〜2倍速までしか対応していない
  • エンドロールを作成できない
  • 画像どうしのピクチャインピクチャができない
  • 画像のアスペクト比が16:9でない場合は一部が切り取られる
  • フィルタの種類がMac版の29種類に対して、iPad/iPhone版では13種類と少ない

音楽や音声編集

iPadとiPhoneでは、音量の調整、トリミング、フェードイン/アウトの調整しかできません。

また、Macで可能な『2つ以上の音を重ねる』ことができなかったり、ノイズ除去ができなかったりといった部分は、大きな違いと言えるでしょう。

Mac版とiPad/iPhone版の違いまとめ

  • 再生速度の調整ができない
  • サウンドエフェクトがない
  • 2つ以上の音を重ねられない
  • ノイズ除去ができない
  • 音楽の逆再生ができない

iPad版とiPhone版の違いはトランジションの詳細編集

iPadとiPhoneのiMovieは、機能のほとんどが共通していますが、iPadでできるトランジションの詳細編集が、iPhoneではできなくなっています。

具体的には「どこからトランジションが始まって、どこで終わるか?」という編集が、iPhoneではできません。

細かな部分ですが、iPadとiPhoneでも微妙に違いがあることを知っておいてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

iMovieを使った動画編集を得意としている。
基本的な使い方からマニアックな活用方法まで、iMovieに関する情報を発信中。
主な使用機材は、iMac2019とiPhoneSE2。

目次
閉じる