iPhoneのiMovieでコマ撮り動画を作る方法【画像解説】

iPhoneのiMovieでは、コマ撮り動画を作ることもできますが、ちょっとした工夫が必要です。

この記事では、iPhoneのiMovieでコマ撮り動画を作る方法を紹介します。

目次

iPhoneでコマ撮り動画を作る方法7ステップ

STEP
プロジェクトの管理画面で、『+』をタップ
STEP
『ムービー』をタップ
STEP
コマ撮り用に撮影した画像を全て選択して『ムービーを作成』をタップする

すると、タイムラインに画像が並び、一見コマ撮り動画になっているように見えます。

しかし再生してみると、写真は動きまくるし、画像が表示されている時間も長いし…と、とてもコマ撮り動画になっているとは言えません。

写真が動きまくるのは『Ken Burns』という特殊効果がついていることが原因ですので、これを解除します。

また、コマ撮りに見えるように、1枚1枚の画像の表示時間も減らしていきましょう。

STEP
『Ken Burnsオン』をタップして特殊効果を解除する

文字ではなく、アイコンをタップしましょう。

これを全ての画像に対して行なっていきます。

STEP
トランジションを解除する

画像と画像のつなぎ目にある『▶︎◀︎』をタップして、『なし』を選択しましょう。

こちらも全ての画像で対応します。

STEP
ドラッグして画像の表示時間を『0.5秒』に変更する

これも全ての動画で設定しましょう。

なお、もっとも短い表示時間は0.3秒です。

STEP
iPhoneのiMovieでコマ撮り動画が完成!

iPhoneのiMovieでコマ撮り動画を作る方法まとめ

iPhoneのiMovieでコマ撮り動画を作るには、以下3つの工夫が必要です。

  • Ken Burnsを解除する
  • トランジションを解除する
  • 表示時間の変更する

いちど要領を掴んでしまえば、後はただの作業となります。

コツコツとタップを繰り返して、素敵なコマ撮り動画を作っていってください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

iMovieを使った動画編集を得意としている。
基本的な使い方からマニアックな活用方法まで、iMovieに関する情報を発信中。
主な使用機材は、iMac2019とiPhoneSE2。

目次
閉じる