iPhoneのiMovieで複数の文字(テロップ)を入れる方法

iPhoneで使えるiMovieでは、動画に文字(テロップまたは字幕)を入れることができます。

動画編集をしていると「同じタイミングに複数のテロップを入れたい」と感じる場面が出てきますが、実はiPhoneのiMovieでは、普通の使い方だと同じタイミングに複数の文字を入れることはできません。

しかし、ある簡単なステップを挟めば、同じタイミングで2つ3つ、あるいはそれ以上に複数のテロップを入れることも可能になります。

今回は、iPhoneのiMovieで複数の文字(テロップまたは字幕)を入れる方法のご紹介です。

ちなみに複数の文字入れなら、スマホの動画編集アプリ『VITA』を使うと、iMovieよりもメチャメチャ簡単にできますよ!

目次

iPhoneのiMovieで複数の文字(テロップまたは字幕)を入れる方法

結論から先に言うと、文字を入れるたびに動画を書き出すことで、iPhoneのiMovieでも複数の文字入れが可能になります。

具体的なステップは、以下の通りです。

STEP
文字入れを行いたい動画をタップして選択状態にする

動画クリップが黄色い枠で囲まれていれば、選択状態になっています。

STEP
画面下部のインスペクタにある『T』をタップしてテロップの種類を選ぶ

今回は『スプリット』を選びました。

STEP
自由に文字入れを行う

フォントや色、継続時間などのオプションなども設定しましょう。

オプションで変更できる項目
  • スタイル(位置と文字の大きさ)
  • テキストのシャドウ(文字に影をつける)
  • 大文字(アルファベットを大文字にする)
  • クリップの最後まで継続(テキストを表示する時間の変更)

文字入れが終わったら、画面左上の『完了』をタップします。

STEP
『共有』を開き『ビデオを保存』をタップする
STEP
プロジェクト管理画面に戻り『+』をタップする
STEP
『ムービー』をタップする
STEP
先ほど文字入れを行って保存した動画を選択し、『ムービーを作成』をタップする
STEP
ステップ1から7までを繰り返せば、同じタイミングで複数の文字入れが行える

iPhoneのiMovieで複数の文字入れを行う方法まとめ

普通の使い方では、iPhoneのiMovieで同じタイミングに複数の文字入れを行うことはできません。

しかし、文字入れ→動画の書き出しという工程を挟むことで、複数の文字入れが可能になります。

iPhoneのiMovieで複数の文字入れを行いたい場合は、このテクニックを使ってみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

iMovieを使った動画編集を得意としている。
基本的な使い方からマニアックな活用方法まで、iMovieに関する情報を発信中。
主な使用機材は、iMac2019とiPhoneSE2。

目次
閉じる