【Mac】iMovieで動画や画像データを取り込む方法まとめ

iMovieで動画を作成・編集するためには、素材となるiPhoneやデジカメで撮影した動画や写真を、iMovieに取り込む必要があります。

とはいえ、難しい操作は必要ありません。

この記事で各種データの取り込み方法を紹介しますので、サクッと習得していきましょう。

目次

iMovieにデータを取り込む時の基本操作

iMovieには、素材データを取り込む方法がいくつかあります。

中でも最も一般的なのは、iMovieの画面上部(ツールバー)にある『↓』マークのボタンから取り込む方法です。

iMovieの『取り込む』ボタン(↓マーク)

ここをクリックすると、以下のように、各種の素材データを取り込むための画面が表示されます。

取り込みたい素材データを選び、『選択した項目を読み込む』をクリック。

これが、iMovieに素材データを取り込む時の基本操作です。

iMovieに対応している動画、画像データは、すべてこの方法で取り込めます。

iMovieへ動画や画像を取り込む方法

iCloudで写真アプリを同期させている場合、iPhoneやiPadで撮影・作成したデータは、すぐに取り込むことが可能です。

ライブラリリストの『写真』をクリックすれば、写真アプリ内のデータ一覧が表示されるので、ここから簡単に取り込めます。

iMovie 写真 取り込み

なお、取り込める動画、画像ファイル形式(拡張子)は次のとおりです。

拡張子とは、そのデータがどういった種類のものなのかをパソコンが識別するための文字列です。
『動画1.mp4』『写真1.jpg』の【.mp4】や【.jpg】が拡張子にあたります。

動画ファイル
画像ファイル
  • .mp4(MPEG-4)
  • .avi
  • .mov
  • .3gp
  • .m4v
  • .jpeg
  • .png
  • .HEIF
  • .bmp
  • .gif
  • .psd
  • .raw
  • .tga
  • .tiff

iPhoneから動画や画像を取り込む(iCloudで写真アプリを同期させていない場合)

動画や写真をiCloudに保存せず、iPhoneやiPad本体にのみ保存している場合は、MacとiPhoneまたはiPadを、Lightningケーブルなどで接続しましょう。

iMovie iPhoneから取り込む

そうすることで、取り込み画面の『カメラ』欄にiPhoneまたはiPadが表示され、動画や画像を取り込めるようになります。

iPhoneまたはiPadから画像を読み込む場合は、画面右上の『ビデオ』(以下画像のピンクで囲まれた部分)をクリックして、『写真』あるいは『すべてのクリップ』を選択します。

iMovieへiPhoneやiPadから素材を取り込む

ビデオカメラやデジカメから動画や画像を取り込む

MacとカメラをUSBケーブルなどで接続し、カメラの電源を入れます。

すると、iMovieの取り込み画面に、接続したカメラの名前が表示されるので、クリックしましょう。

カメラに記録されている動画や写真から、動画制作・編集に使う素材データを選択し、iMovieに読み込みましょう。

パソコンとの接続モードを選択する必要があるカメラの場合は、お使いの製品マニュアルでご確認ください。

iMovieにカメラから素材を取り込む

DVDやブルーレイから動画や画像を取り込む

最近のMacは、接続端子が簡素化されているため、DVDやブルーレイから素材データを取り込む場合、専用の取り込み器具(外付けのDVD・ブルーレイドライブ)が必要になります。

Macと外付けドライブを接続し、DVD・ブルーレイをセットした後は、『↓』マークから読み込めるようになります。

iMovieで動画や画像データを取り込む方法まとめ

iMovieに動画や画像データを取り込む場合は、

  • 動画や画像などの素材データが保存されている機器とMacを接続する
  • iMovieの『↓』ボタンから各種の素材データを取り込む

という操作が基本です。

2〜3回ほど操作すれば慣れるはずですので、ぜひこの記事を参考にして、実際にiMovieへ素材を取り込んでみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

iMovieを使った動画編集を得意としている。
基本的な使い方からマニアックな活用方法まで、iMovieに関する情報を発信中。
主な使用機材は、iMac2019とiPhoneSE2。

目次
閉じる