【iMovie】動画を途中でカット/不要部分をトリミングする方法

iMovieなら、動画のカットやトリミング編集も簡単に出来てしまいます。

マウスやトラックパッドの操作だけで、

  • 動画を途中でカットする
  • 不要部分をトリミングする
  • 音声の必要な部分だけを残す

といった編集が可能です。

この記事では、そんなiMovieでのカットやトリミングについて解説します。

目次

iMovieで動画を途中でカットする5ステップ

まずはiMovieの基本となる操作、動画のカットから見ていきましょう。

動画の前半、あるいは後半をバッサリとカットして削除する方法です。

STEP
編集したい動画を読み込む

iMovieを起動させたら、プロジェクトを新規作成します。

その後、『マイメディア』に編集したい動画を読み込みましょう。

STEP
動画をタイムラインへドラッグ&ドロップする
STEP
カットしたい時間まで再生ヘッドを移動させる

タイムラインで動かすことのできる棒を『再生ヘッド』と言います。

STEP
クリップを分割する

副ボタン(右クリック)で編集メニューを表示し、『クリップを分割』を選択します。

1つだった動画が、2つに分割されました。

STEP
deleteキーで動画をカットする

不要なほうの動画を選択状態(ワクが黄色く着色された状態)にして、キーボードの『delete』キーを押します。

すると…動画を途中でカットすることができました!

iMovieでの分割には、ショートカット『⌘ + B』が便利

iMovieでの動画編集では、動画や音声を頻繁に『分割』します。

そのため、ショートカットを分割のショートカットを覚えておくと、編集が楽になって作業スピードもアップします。

『分割』のショートカットは、『⌘ + B』です。

分割(bunkatsu)の“ B ”と覚えておくと良いかもしれません

iMovieで不要部分をトリミングする6ステップ

不要部分のトリミングは、先程のカットの応用です。

『分割して削除』という作業を複数回やることで、不要部分をトリミングすることができます。

STEP
編集したい動画を読み込む
STEP
動画をタイムラインへドラッグ&ドロップする
STEP
カットしたい時間まで再生ヘッドを移動させる
STEP
不要部分が始まる前でクリップを分割する
STEP
不要部分が終わった後でクリップを分割する
STEP
不要部分を選択してdeleteキーでトリミングする

これで不要部分のトリミングは完了です!

『マイメディア』画面で動画の前後をカットすることも可能(不要部分のトリミングは不可)

なお、動画を『マイメディア』に読み込んで、すぐにカット編集をすることも可能です。

読み込んだ動画をクリックして選択し、マウスカーソルを動画の前あるいは後ろに持っていくと…

マウスカーソルが『◀︎ ▶︎』のアイコンに変わります。

この状態でスススッと動かすと…

なんと、簡単に動画の後半部分をカットすることができてしまいました。

このままタイムラインにドラッグ&ドロップすると、きちんとカットが反映された状態になっています。

iMovieでは、動画と同じ方法で音楽もカットやトリミングが可能

iMovieには、さまざまな音楽素材も含まれており、『オーディオ』タブから選んで使うことができます。

今回は、『人物』の中から、『Cheering Crowd Studio』という音楽を選択してみました。

動画の時と同じように、タイムラインへドラッグ&ドロップして、分割。

さらに『delete』キーで削除すると…

音楽も簡単にカットできてしまいました。

工程がほぼ一緒なので説明を省きますが、同じ要領で音楽の一部分だけをトリミングすることも可能です。

音楽をカット/トリミングするときは、波形を見て位置を決めると良い

音楽の場合は、動画のように映像で状況を確認できません。

しかし波形を見ることで、状況の変化に気づくことができます。

具体的には、以下の画像の通りです。

実際に音楽を聴きつつ、「この波形の時はこんな音が鳴っているんだな」と把握して、動画とマッチするように、カットやトリミングをしていきましょう。

映像の変化のタイミングと音楽の盛り上がりのピークが合わさると、プロっぽい仕上がりに近づきます。

iMovieで動画を途中でカット/不要部分をトリミングする方法まとめ

iMovieでは、動画から音楽まで、高い自由度でカットやトリミングができます。

いずれの場合でも、基本は『分割と削除』です。

分割は『⌘ + B』で、削除は『delete』キーで実行できますので、操作を覚えてサクサク編集しましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

iMovieを使った動画編集を得意としている。
基本的な使い方からマニアックな活用方法まで、iMovieに関する情報を発信中。
主な使用機材は、iMac2019とiPhoneSE2。

目次
閉じる