【Mac】iMovieで動画を逆再生させる方法|iPhone版にはない機能です

動画の全体、あるいは一部分に逆再生を取り入れることで、印象的な動画に仕上げることができます。

そんな逆再生、iMovieなら驚くほど簡単に編集可能です。

単純に逆再生させるだけでなく、普通に再生して、逆再生を挟んで、また普通に再生するといった編集も、クリック1つで出来てしまいます。

今回は、iMovieの逆再生に関する内容をまとめました。

詳しくは後半でお伝えしますが、iMovieの逆再生はiPhoneやiPad版には無く、Mac版のみの機能となっています。

目次

iMovieで動画を逆再生させる3ステップ

STEP
メディアを読み込み、タイムラインにドラッグ&ドロップする
STEP
タイムライン上の動画を選択し、プレビュー画面の上にある『速度』をクリックする
STEP
『逆再生』にチェックを入れる

たった3ステップで、動画を逆再生にすることができました。

なお、クリップを分割すれば、動画の一部分だけを逆再生にすることも可能です。

iMovieで逆再生にした動画の速度を変更する方法

iMovieでは、さらに逆再生にした動画の速度も変更できます。

速度の調整は、以下の5項目から選べます。

1 : 標準

通常再生の時と変わらない早さです。速さレベルは100%となります。

2 : 遅く

『標準』よりもスロー再生になります。

速度レベルは、10%(10分の1)、25%(4分の1)、50%(2分の1)から選択可能です。

3 : 早く

『標準』よりも再生速度が早くなります。

速度レベルは、2x(200%)、4x(400%)、8x(800%)、20x(2000%)から選択可能です。

4 : フリーズフレーム

再生ヘッドがある場所から動画が止まり、静止した時間が挿入された後、また動画が再生されます。

静止した時間は、標準で3秒間挿入され、最小は0.1秒、最大はほぼ無限のようです。(筆者は1,000,000秒 = 277時間まで試しました 笑)

5 : カスタム

1%〜199%の範囲内で、速度を1%単位で変更できます。

フリーズフレームだけ、他と少し違ったテイストです。
うまく活用すれば、印象的な動画を作れます。

再生と逆再生を繰り返す方法(早戻し)

早戻しに関しては、以下の動画を見ていただいたほうがイメージがつきやすいでしょう。(音が出ない動画です)

これはどうなっているのかというと、タイムライン上で元の動画が2つコピーされて、

再生(速度100%) → 逆再生(速度200%) → 再生(速度100%)

という形に編集され、並べられています。

実はこれ、1秒間の動画にiMovieの標準機能(早戻し)で加工を加えた作品です。

このような動画を作る際は、タイムライン上の動画を選択して、メニューバーの『変更』から『早戻し』を選択して、逆再生時の速度レベルを選択しましょう。

iMovieで動画を逆再生させる時に音の高さ(ピッチ)を保つ方法

動画の速度を変えると音が変わるのは、なんとなくイメージがつくと思います。

速度を早めると音が高くなり、遅めると音が低くなる感じです。

そして実は、逆再生でも微妙に音の高さなどが変わります。

速度の変更や逆再生の時でも、元の動画と同じ音の高さを保ちたい場合は、『速度』から『ピッチを保持』にチェックを入れましょう。

iPhone版のiMovieに逆再生の機能はない

以下の画像は、iPhone版iMovieの編集画面です。

速度の調整メニューはありますが、Mac版のiMovieにあったような逆再生のチェックボックスがありません。

iPhone版のiMovieは、色調の編集や、簡単なカットと結合、文字入れがメインです。

動画編集には高い処理能力が必要なこともあり、パソコンであるMacが強い部分になっています。

iPhoneやiPadで動画を逆再生したい場合、『Reverse Vid』などのアプリが必要になります。

iMovieで動画を逆再生させる方法まとめ

iMovieで動画を逆再生する場合、やることは『速度』のメニューを開いて『逆再生』にチェックを入れるだけ。

iPhone版やiPad版のiMovieでは出来ない、Macならではの編集機能です。

クリップを分割して一部分を逆再生したり、早戻しを使って再生と逆再生を繰り返させたりして、インパクトのある動画制作にチャレンジしてみましょう!

人が歩いているところや、水しぶき、飲み物が注がれているシーンなどを逆再生してみると、いい感じの動画になります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

iMovieを使った動画編集を得意としている。
基本的な使い方からマニアックな活用方法まで、iMovieに関する情報を発信中。
主な使用機材は、iMac2019とiPhoneSE2。

目次
閉じる