iMovieのダウンロード方法とダウンロードできない時の4つの対処法

iMovieは基本的に、MacやiPhone、iPadに最初から搭載されています。

そのため、基本的にダウンロードやインストールは不要なのですが、以前にiMovieを削除した場合や、iMovieのバージョンが古い場合には、新しいバージョンのiMovieをダウンロードしなければなりません。

そこで今回は、iMovieのダウンロード方法を紹介しつつ、万が一ダウンロードできなかった場合の対処法もご紹介します。

InstagramやTikTok、YouTubeショートなど、時間が短かったり縦型だったりする動画を編集する場合、iMovieよりもスマホアプリ『VITA』のほうが便利かもしれません。

詳しくは以下の記事もご確認ください。

目次

【Mac版】iMovieのダウンロード方法

MacのパソコンでiMovieをダウンロードするには、まずMac App Storeを開きます。

↓このアイコンのアプリです↓

Mac App Storeのアイコン

Mac App Storeのアイコンが見当たらない場合は、Command+スペースバーでspotlightを起動し、Mac App Storeと入力すれば見つかります。

Mac App Storeが開いたら、画面左上の検索バーにiMovieと入力して検索しましょう。

またはこちらのリンクを開いて『App Storeを開く』をクリックしてもOKです。

するとiMovieのアプリが表示されるので、入手をクリックし、さらにインストールをクリックすれば、ダウンロード完了です。

MacでのiMovieダウンロード方法

【iPhone・iPad版】iMovieのダウンロード方法

iPhoneやiPadの場合は、App Storeを開きます。

↓このアイコンのアプリです↓

App Storeのアイコン

App Storeが開いたら、画面右下の虫眼鏡マークをタップ。

続いてiMovieと検索します。(こちらのリンクからもiMovieにたどり着けます。)

するとiMovieのアプリが表示されるので、入手をタップしてTouch IDやFace IDの認証を済ませれば、ダウンロード完了です。

iOS版でのiMovieダウンロード方法

iMovieがダウンロードできなかった場合の4つの対処法

iMovieがダウンロードできなかった場合、MacとiPhone・iPadでは対処法が異なります。

iPhone・iPadの場合はシンプルで、「iMovieをインストールできませんでした」という表示が出たら、OSのバージョンを最新版にアップデートしましょう。

最新版にアップデートしてもiMovieがインストールできない場合は、端末本体の空き容量が不足している可能性が高いため、不要な写真や動画を削除するなどして、空き容量を増やしてください。

iPhoneやiPad版のiMovieは、約550MBです。

そして、Macの場合は、以下4つの対処法があります。

  1. Macを再起動する
  2. macOSを最新版にアップデートする
  3. NVRAMをリセットする
  4. Appleサポートに問い合わせる

基本的には、上から順番に試してみてください。

対処法1. Macを再起動する

長い間、Macの電源を切っていない場合は特に、余計なデータなどの影響で一時的な不具合が起きている可能性があります。

そこで非常に有効なのが、Macの再起動です。

再起動するだけでダウンロードできるようになる可能性も高いので、iMovieがダウンロードできなかった場合は、まずこちらを試してください。

リンゴのマークのAppleメニューから再起動を選択しましょう。

または、『control + command + メディア取り出しキー』を押すことでも、再起動できます。

対処法2. macOSを最新版にアップデートする

iMovieは定期的にアップデートが行われていることもあり、比較的新しいmacOSにしか対応していません。

記事執筆時点では、macOS Montereyが最新バージョンです。
iMovieは2世代前のmacOS Catalina以前が非対応となっていました。

リンゴのマークのAppleメニューから、『ソフトウェアアップデート』を選択すると、最新バージョンが提供されている場合があります。

最新バージョンが提供されていたら、macOSをアップデートしてからiMovieのダウンロードを試してください。

対処法3. NVRAMをリセットする

NVRAMとは、音量や画面解像度など、Macが素早い動作を実現するために必要な、各種情報が記録されているデータ保存領域です。

つまり、細かな設定情報が保存されているため、このNVRAMの影響でiMovieがダウンロードできないということが起きる可能性もあります。

NVRAMのリセット手順を以下に記載しますので、対処法1と2を実践してもiMovieのダウンロードが上手くいかなかった場合に試してみましょう。

NVRAMのリセット手順
  1. Macをシステム終了する
  2. キーボードとマウス以外の、カメラやHDDなど全てのデバイスを取り外す
  3. Macの電源を入れ、すぐに『option + command + P + R』を同時に押し、20秒ほど押し続ける

対処法4. Appleサポートに問い合わせる

対処法1から3までを全て試してもiMovieがダウンロードできない場合は、Macシステムの基幹部分に問題があるか、Mac本体の修理が必要な場合もあります。

問題を正確に把握する目的も兼ねて、Appleサポートに問い合わせて解決方法を探してもらいましょう。

このサポートも含めてのApple製品ですし、iMovieはApple社が提供しているサービスなので、自分ができる範囲で対処法を実践しても解決が難しい場合は、気にせず問い合わせて問題ありません。

Appleサポートへの問い合わせはこちら。

iMovieのダウンロード方法とダウンロードできない場合の対処法まとめ

iMovieは最初からMacやiPhone・iPadにインストールされていることもあり、基本的には特にダウンロードすることもなく、すぐ使うことができます。

また、もし以前に端末からiMovie削除してしまっていたとしても、Apple純正のアプリなので、簡単に再びダウンロードできるはずです。

それにもかかわらずダウンロードが上手くいかない場合は、Appleサポートに連絡して、プロの判断を仰ぎましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

iMovieを使った動画編集を得意としている。
基本的な使い方からマニアックな活用方法まで、iMovieに関する情報を発信中。
主な使用機材は、iMac2019とiPhoneSE2。

目次
閉じる